辛いも楽しいも自分がつくる

HP担当Shinobu-taが、日々仕事で思う事、お客さんとの何気ない会話を楽しんでの事など、 つらつら書かせてもらいます。・・・がさらにパワーアップ!!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献血について

今日はとてもマジメな話になります


昨日の夕方、ニュースの特集で知人が取材されて出ました。
彼女の病名は、「急性骨髄性白血病」です。
白血病は血液のガンです。


昨日の特集では、彼女の病名、それの治療のために必要な血小板の輸血について。
人の血液を入れるには血液型の一致は必要不可欠ですが、実際入れてみても
拒否反応が出たりすることがあるそうです。
そのリスクを減らすために、決められた人にお願いします。
この人たちを「血小板ドナー」と言います。人数は8人です。

Shinobu-taの知人の場合は、ドナーさんのうち6名が消防局の人でした。
テレビでは詳しい内容は放送されてませんでしたが、実際はこのメンバーに
決まるまで彼女の場合は25人が検査を受けたそうです。
献血の時間も決まっていて、それもベッドの空きがないと別の時間に
ずらされたりと、なかなか簡単ではなかったそうです。
そしてそのタイミングが合わなかったときは、普段献血ルームで集めている
血小板を輸血するそうです。
また、このシステムは彼女が通ってた病院で行ってただけで、
別の病院ではやはり献血ルームで集めている血小板を使うそうです。


さて昨日の放送で言ってたのですが、広島で1年間に必要な成分血液数が
不足していて広島県だけでは補えていません。不足した分は他県より
供給してもらっています。
しかも必要数に対して献血に行ってる人を見ると、一人が年に3~4回
行ってるって感じなのです。そういえばShinobu-ta達も年に数回行ってます。



血小板は4日間しか保存は出来ません。
このことを知らなかったShinobu-ta。実は今Shinobu-taは自分の血液を
登録しています。それにより、急遽必要な人が現れたときは直接電話で依頼が
あります。しかしそのことを知らなかったので、先日は仕事で行けず、
「月曜日に行きますね~。」と軽く言ってしまったことがあるのです。
でも今回それではダメなのだと分かったので、店長と話をして時間が取れれば
仕事中でも協力しようとなりました。


ところでShinobu-taがここまで献血をするのには理由があります。
実は白血病で亡くなったイトコがいるのです。彼女は被爆二世でした。
しかも当時は骨髄移植で助かる方法がまだ見つかっていなかったので、
白血病=死
でした。イトコは24歳という若さで亡くなりました。


そしてもう一つ。
数年前に、店長の親友が白血病になりました。
彼はShinobu-taと同じ血液型です。
愛知県に住んでるのでShinobu-taの血液が行くことは無いに等しいでしょう。
でもこうしてShinobu-taが行くことで、他にも行ってくれてる人の
血小板が彼に届いていると思い、通い続けました。
彼は骨髄移植が成功して、今は社会復帰も果たせました。


つい最近だと、歌舞伎界の中村團十郎さんが恐らく白血病によってだと
思いますが、肺炎で亡くなりました。
しかし大塚範一キャスターはこの度復帰となりました。
芸能界でも亡くなった人、復帰した人がけっこういらっしゃいます。
一人でも多くの方を助ける為にも、多くの人が骨髄ドナーにと思いますが、
これは大変なので、身近に出来るのが血小板献血だと思っています。



400ml献血は一度行くと次の献血まで16週間(男性は12週間)
空けなければいけませんが、成分献血なら2週間でまた出来ます。
月に2回行くことが出来るわけです

献血をすると、数日後に血液の検査結果も届きます。
献血が出来る事は健康な証拠なのです。
輸血を一度でもするとその人は二度と献血は出来なくなります。
そう考えると、献血が出来ているって素晴らしいことだと思いませんか?

街に出た時、1時間ちょっとだけ時間を作りましょう
そして本通入口にある献血ルーム「もみじ」にぜひ寄ってください。
お菓子とジュースは無料です(笑)
気軽に出来るボランティアですが、それは見知らぬ人の命を維持出来る
ボランティアです


最後に彼女がブログに書いてた言葉を一部だけ紹介したいと思います。

自称献血広報係で、あたしのキャッチコピーは、♪いい日旅立ち♪の
中の フレーズ「あなたを待ってる人がいる」なんで。
あなたが献血に行ったら誰かを助ける事が出来るんだよ。
そんなあなたを待ってる人(患者さん)がいるんだよ。
って事を知って欲しかった。
何より、血が病気になるって事を知って欲しかった。
          ー中略ー
1人でも多くの人が献血に行こうって思ってくれるといいな。



ぜひ、献血のご協力をよろしくお願いしますm(_ _)m




スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://zeal2003.blog20.fc2.com/tb.php/1636-62d36010

Menu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。