辛いも楽しいも自分がつくる

HP担当Shinobu-taが、日々仕事で思う事、お客さんとの何気ない会話を楽しんでの事など、 つらつら書かせてもらいます。・・・がさらにパワーアップ!!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう

このブログを書くことはとても悩んだんですが、文章に書くことで
想い出に残しておきたいと思いました・・・。
週明けに大変哀しいお話しをすることを許してください。



昨日はいつもの月曜ツーリングのツーリング日でした。
しかし、日曜日に電話がありました。
うちの常連Kちゃんのお兄さんからでした。
家族くるみで親しくしてるのですが、この方からの
電話は珍しいのでどうしたのかと思っていたら・・・。


それはKちゃんの訃報の連絡でした。


Kちゃんは産まれた時から重度の障害を負っていました。
体は子供のように小さく、酸素吸入器が離せない状態。
でもそれ以外はほんとに普通の女の子で、いつも楽しい
話をして、可愛い声で笑っていました。

Kちゃんと初めて会ったのは18歳の時。
お医者さんには二十歳までは生きられないだろうと言われてると
聞いていましたが、ご両親は「絶対越えてみせる。」と
献身的に、そして溢れんばかりの愛情で育てられてました。
無事に二十歳を迎え、数年前からは作業所で仕事も始めました。
手作りの品物をZEALにと差し入れしてくださったりして
私も店長も、彼女はこのまま元気で過ごすと思っていました。

しかし風邪をひいたのを引き金に、病院に行ったところ即入院。
懸命の治療虚しく、25日の夕方、その命の灯火は消えました。


享年24歳8ヶ月。


二十歳までは生きられないと言われた彼女は約5年長く生きる事が
出来ました。しかしやはりまだ24歳。早過ぎる死です。


実はKちゃんは8月9日に来店していました。
カラーをし、かき氷を食べていつもの可愛い声で笑っていました。
たった2週間で別れがくるなんて思いもしませんでした。

その日は忙しくて、ちゃんと見送りが出来なかったのが今となっては
悔やまれて仕方ありません。


葬儀が終わり、出棺の前に最後の別れで顔を見ました。
まるで眠ってるような、いつものKちゃんの顔です。
ご両親に「髪をキレイに染めてもらってて良かったです。」と言われた
時は、涙が止まりませんでした。
最後にお願いして、髪を触らせてもらいました。
何度も何度も撫でて、最後に出た言葉は「Kちゃん、ありがとう。」でした。

たまたま前回のブログが命についての事を書きましたが、このようにKちゃんとの
別れをした今となっては、ZEALに来て下さるお客様が「命を持って」
ZEALにご来店下さることを当たり前に思っていてはいけないんだと
Kちゃんに教えてもらったように感じています。

ありがとうKちゃん。
もう酸素ボンベもいらないし、きっと不自由なく歩きまわってるよね。
その笑顔と可愛い声で、そっちでもいっぱい友達作ってね♪

本当に、本当にありがとう!




スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://zeal2003.blog20.fc2.com/tb.php/1536-8e73c58a

Menu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。