辛いも楽しいも自分がつくる

HP担当Shinobu-taが、日々仕事で思う事、お客さんとの何気ない会話を楽しんでの事など、 つらつら書かせてもらいます。・・・がさらにパワーアップ!!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週も・・・

月曜日はどこかへ走りに行きたいと思っていたのですが、
数日前から雨予報。それは変わりそうもないので、
いつもの裁判傍聴にでも行こうと思って調べてみたところ、
第一回公判の裁判が行われるのが分かりました。

そして、一度行ってみたいと言われてた知人の方に連絡し、
二人で待ち合わせて行って来ました。

裁判の傍聴というのは、行ってみないとその日に誰の
裁判があるか分かりません。裁判員裁判は専用のHPが
あるのですが、それでも罪状だけでどのときにあった事件かは
分からないのです。

そしてそれが分かるのは、正面玄関のところにその日の裁判の
一覧表を見て初めてなのです。

この日の被告人の名前で検索したところ、
一昨年の秋に、子供二人を殺害した母親の裁判だと分かりました。

法廷へ行ってみると多くの人が。RCCのアナウンサーも来ていました。
またテレビ局による撮影も行われるとの事。
Shinobu-taはちょうどお手洗いに行ってので写りませんでしたが、
夕方のニュースを見ると、一緒に行った人はチラッと写っていました。


毎回、裁判を見るたびに思います。
真実は小説より奇なり。
想像していた内容とは全く異なります。

新聞に記事も今朝読んだのですが、簡潔にしかし分かりやすく
書いてるのが記事なんだと思います。

またドラマと違い、当然再現VTRのようなものはありません。
その分言葉のやり取りから自分が想像をしていくのですから
逆に言えば記憶にはかなり深く残ります。

子供たちを殺害する方法は想像するだけで涙が出そうでした。
それは同じ母親として、どうしてこのような残忍な犯行が
出来るのか、そう考えるとやはり彼女が精神的に病んでいたのでは
ないだろうかと思えます。


今の世の中、テレビやネットでリアリティあるものは作られています。
しかし裁判所で行われているのは正に現実です。
傍聴席の向こうで裁かれている女性は、間違いなくわが子二人を
殺した人間なんです。
このような行為に至った経緯を聞くことで、その人の生き方や考え方が
見えてくる気がします。


さて、今回一緒に行った方にとってとても考えさせられる
いい時間だったようです。
このように傍聴には興味はあるけどちょっと一人では・・・と
思われる方、月曜日で良ければShinobu-taがお付き合いいたしますので
お気軽に連絡ください


でも・・・



































もうすぐ・・・・・・・・・・・










































本格的なバイクシーズンが来る~~~(笑)


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://zeal2003.blog20.fc2.com/tb.php/1421-7986802a

Menu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。